最近の記事から

ゆったりと夏の生活を

新しい月を迎えて

202209pct01 朝夕の涼しい風と虫の音が秋の訪れを感じさせてくれます。今夏は、大きな制約がない生活となり、家族での旅行や家庭内でのゆったりしたひと時を過ごされたことと思います。保育園でも涼を感じながらの感触遊びや年長児のお楽しみ会など、夏ならではの活動を楽しみました。手足口病や夏風邪症状などもあり、屋上でのプール遊びやシャワーを浴びるなどの機会はあまり多くとれませんでしたが、子どもたちはゆったりと夏の生活を楽しむことができました。
 
 先日は、防災週間にあわせて保育園での防災訓練を実施しました。保護者の皆様にも災害伝言ダイヤル171の試用や引き渡し訓練の実施にご理解とご協力をいただきましたことを心より感謝申し上げます。
 訓練では、大地震を想定し、停電時のランタンでの生活や避難後の災害食の提供をおこないました。毎月の避難訓練の積み重ねもあり、子どもたちは日常と違う環境でも、保育者がそばにいる安心を感じながら過ごす様子がみられました。しかし、訓練と実際では状況や不安は一変します。保育園でも、様々な視点で災害状況を想定した訓練や備えをさらに行っていきたいと思います。ご家庭でも、備蓄品だけでなく、災害時の役割分担や連絡手段など共有しておかれることをお勧めします。
 これから気温の変化が激しい季節となりますので、生活リズム(「早寝・早起き・朝ご飯」)を整え、疲れによる免疫力の低下を防ぎ、健康に過ごしましょう。
202209pht01

なすべきことは

みことば

201705pic03

9月の聖句

 

なすべきことはただ一つ、 
目標を目指してひたすら走ることです。

フィリピの信徒への手紙3章13、14節

この夏、どれだけ

新しい月を迎えて

202208pct01 照りつける陽射しとともに入道雲とセミの声に、やっと夏らしさを感じます。
 数年前までは、子どもたちと一緒に虫かごと虫取り網をもって、近くの公園にセミとりに行くことが夏の楽しみの一つでした。そっと音をたてないように近づき、網を素早く動かしてセミが網の底に入ったことを確認しながら羽を傷つけないようにそっと指でセミの体をもち、虫かごに入れ替えます。この一連の流れを子どもたちの前でやって見せると、早い子どもはすぐに習得して、夏の間にセミ取り名人が何人も登場していたことを懐かしく思い出します。
 酷暑と感染症が続く近年の夏は、屋内や家庭で過ごすことが多くなり、子どもたちの自然との向き合い方を変えてしまうだけでなく、体力低下や自律神経の乱れがみられることも大きな問題となっています。受け入れなければならない現実の生活のなかで、この夏、どれだけ子どもたちの楽しい経験や体験を増やしていけるか。様々な視点から保育の工夫を凝らしていきたいと思います。

あなたの名

みことば

201705pic03

8月の聖句

 

わたしはあなたの名を呼ぶ

イザヤ書 43章 1節

2ひきのかえる

図書の紹介

202208pct02book【 おすすめの絵本 】

2ひきのかえる


にいみ なんきち 作
しまだ・しほ 絵
理論社出版

「けんかはよそう。」
 本『てぶくろをかいに』で知られる新見南吉が書いた”仲直り“のおはなしです。
 相手と自分との違いを受け入れられずにけんかがはじまりますが、長い冬眠を終えて土からでてきたかるたちは相手の良さを互いに認めて仲直りをします。
 多くの争いが、一日も早く平和へと向かうことを祈りたいですね。

保護中: 新年度説明動画

動画配信

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

安全に楽しく水に親しむ工夫を

新しい月を迎えて

heiwa02_20220701 梅雨の実感がないまま本格的な夏を迎えました。地球温暖化の影響により、連日の猛暑だけではなく急な天候の変化や想定を超える自然災害の発生が、私たちの身近にあることを強く思わされます。感染症や熱中症の対策とともに、様々な事象を想定した日々の備えをしていきたいと思います。

 さて、子どもたちの夏の楽しみの一つとなる水遊びやプール遊びについては、コロナ禍で様々な検討や工夫をおこなってきました。保育園の水遊び、プール遊びの大きな目的は、“夏の暑さのなかで、水の感触や冷たさ涼しさを感じ水に親しみをもつこと”です。しかし、近年の夏の気温上昇は、幼い子どもの水遊びにはあまりにも危険な温度を示しています。今年度も感染症の影響だけでなく、子どもが安心して安全に楽しく水に親しむ工夫を年齢に合わせて行っていきたいと思います。

 コロナと共に生きるなかで様々な制約が緩和されつつあります。今年も子どもたちが健やかに楽しくひと夏を過ごせるよう心から願っています。

世の光

みことば

201705pic03

7月の聖句

 

あなたがたは世の光である。

マタイによる福音書 5章 14節

熱中症は予防が肝心!!

子どもを育てる

~「早寝 早起き 朝ごはん」が大切 ~

  • つかれ、空腹、睡眠不足を避けましょう。
  • 水分は一度にたくさん飲むより、少しずつこまめにとりましょう。水やお茶だけでは、水分が体内に吸収されないため、スポーツドリンクや経口補水液なども上手に使いましょう。
  • なるべく炎天下での外出を避け、室温は26〜28度を心がけましょう。冷房の送風が直接体に当たらないよう配慮することも大切です。
  • 塩分の補給が大切です。(食事・おやつで工夫しましょう)
  • 外出時は帽子をかぶせて直射日光を避けましょう。ベビーカーは道路に近く熱を受けやすく風もあたりにくいです。 保冷剤をタオルに巻いて背中に当てたり、ベビーカー用の保冷 シートを使いましょう。 水筒やマグも忘れずに。

丁寧な対話と対応の必要性を

新しい月を迎えて

202206pct01 梅雨入り間近となりました。夏日の強い日差しと急な大雨で天候も不安定な日々が続いています。この時期は、湿度も上昇し、体温調整が未熟な幼い子どもにとっては健康管理が難しい時期です。適度な温湿度の調整と水分補給を適宜おこない、栄養や睡眠もしっかり摂れるようにご家庭でも留意してください。
先日(令和4年5月25日付)、厚労省の新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードで、小学校就学前の児童のマスク着用について下記のような方針が示されました。当園では昨年度から着用していた5歳児の多くが、引き続き室内でのみマスクを着用しています。一見、習慣化したマスク着用生活ですが、子どもはどのように感じているか率直な感想を聞いてみました。すると「コロナだからつけてる」と理解しながらも、「時々息が苦しくなる」「お母さんがはずしたらダメっていうからつけてる」との声が複数あがりました。信頼する大人との約束をしっかり守ろうとする半面、約束だから苦しくてもマスクを外すことはよくないと捉えていることを改めて考えさせられました。また、子どもがもつ従順さゆえに、子どもの育ちを考慮した丁寧な対話と対応の必要性を痛感しました。
感染症が続く中で、子どもの健康管理については多くの議論がなされ情報も溢れています。
感染症対策は勿論ですが、目の前のひとり一人の子どもにとって今何が必要でそれをどのように伝えていくかは、子どもが安心と信頼を寄せる身近な大人に委ねられていることを心に留めて過ごしたいですね。

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」(令和4年5月25日付け)

一部抜粋

 2歳以上は、以下のとおり、オミクロン株対策以前の新型コロナウイルス対策の取扱いに戻す。 「保育所等では、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない。
なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、 施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスクの着用を求めることは考えられる」

« 古い記事