最近の記事から

明日雪が降るんだって

今月のテーマ

201802pic01 暦の上では春ですが、寒い日が続いています。「明日雪が降るんだって。」と雪の予報に喜ぶ子どもたちは、雪の塊をてにとっては解ける様子を眺めたり、遠くに投げて砕ける雪を楽しんでいます。薄くはった氷の上を靴で踏んだ時の割れる感触や、滑りそうになる場所を滑らないように歩く緊張感など、自然を存分に楽しむ姿に豊かな感性を感じます。
 一方では、寒さとともにインフルエンザに罹る子どもたちも増え、手洗いうがいの他、こまめな検温で、体調の変化を見逃さないように過ごしています。
 先日のわくわくワークランドは、お忙しい中たくさんの保護者の方にご参加いただきましてありがとうございました。展示だけでなく、保育園での遊びの紹介をしながら、お子様の成長や玩具の用い方について保護者の皆様とお話しすることができました。誇らしげに自分の作品を紹介したり、夢中になって遊びこむ子どもたちの姿をみて「こんなこともできるんですね。」と温かいまなざしをおくっておられる保護者の皆様の声をきき、保育者も励まされ、保育園での様子を様々なかたちで発信していく大切さをあらためて感じるときとなりました。『とっておきの一枚』もたくさんの方々にご協力いただきましてありがとうございました。201802pic03

いつまでも残る

みことば

201705pic032月の聖句

信仰と、希望と、愛、この三つはいつまでも残る。
その中で最も大いなるものは、愛である。

コリントの信徒への手紙Ⅰ 13章13節

おおきくなるっていうことは

図書の紹介

9784494005857 童心社 刊
中川 ひろたか 文/村上 康成 絵
服が小さくなったり、自分より小さな人にやさしくなれたり─大きくなった喜びがいっぱい!
定価1,404円 (本体1,300円+税)
初版:1999年1月25日
判型:B5変型判/サイズ:20.7×22.2cm
頁数:32頁
3歳~
ISBN:978-4-494-00585-7
NDC:913

進級・入学の準備の時期ですが、子どもたち自身が大きくなった喜びを実感しながら、楽しみに進級・入学をまてると素敵ですね。「大きくなるってどういうこと・・?」お子様と一緒に成長を喜びあいながら読んでみてください。

就学にむけて親子で楽しくワクワクしよう!

子育て講座

小宮恭子先生
昭和学院短期大学人間生活学科こども発達専攻教授

2月27日火曜日 午後6時~7時まで 松戸教会6階にて
 小宮先生は、都内小学校教諭、教育委員会主任指導主事、教育センター所長、小学校長の職を経て大学でのお仕事の他、多くの保育園や幼稚園などで講演をされています。年長児のみならず、幅広くお話を聴ける機会ですので、是非ご参加ください。また、事前にご質問があるかたは、講演のなかでお応えくださるとのことですので、保育者にお知らせください。

新年、あけましておめでとうございます。

今月のテーマ

201801pic01 年末年始のお休みはどのように過ごされましたか。
 昨年のクリスマス会では、子どもたちや保護者の皆様とともにイエス・キリストのご降誕をお祝いすることができ、喜びと感謝のなかで年を締めくくり、そして新年を迎えることができました。
 今年も子どもたちの心身の成長を祈りつつ、保護者の皆様とともに保育の歩みを進めていきたいと願っています。ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

良い羊飼い

みことば

201705pic031月の聖句

わたしは良い羊飼いである。

ヨハネによる福音書 10章11節

ちいさいひつじが

さんびか

1、 ちいさいひつじがいえをはなれ あるひとおくへあそびにいき
はなさくのはらのおもしろさに かえるみちさえわすれました
2、 けれどもやがてよるになると あたりはくらくさびしくなり
うちがこいしくひつじはいま こえもかなしくないています
3、 なさけのふかいひつじかいは このこひつじのあとをたずね
とおくのやまやまたにそこまで まいごのひつじをさがしました
4、 とうとうやさしいひつじかいは まいごのひつじをみつけました
だかれてかえるこのひつじは よろこばしさにおどりました

hituji1月にこどもたちと歌うさんびかです。この羊のように、神様はどんなときも私たちを守り導いてくださいます。私たちも、子どもたちが安心して過ごせる環境の一つとして備えていきたいと思います。

インフルエンザ発生について

子どもを育てる

kaze_woman 昨年末より、近隣の施設でもインフルエンザによる学級閉鎖が多く報告されています。
 また、保育園でも園児や保護者の方がインフルエンザに罹患したというご連絡をいただきました。予防接種を受けている場合でも、感染を防ぐことは出来ません(重症化を防ぐものです)ので普段からの予防をこころがけましょう。
 
 

もしお子様が罹患したら

 必ず保育園にご連絡ください。発熱後5日を経過し、かつ解熱後3日は登園ができません。医師の指示書(登園許可書)を提出していただいてからの登園となります。

もしご家族が罹患したら

 必ず保育園にお知らせください。集団生活においては感染を最小限におさえることが重要なため、罹患していないお子様も登園を控えていただくのが望ましいですが、状況が難しい場合はご相談ください。また、家庭内では罹患者と別室で過ごし、共用物を避けるなどおすすめいたします。

クリスマスを迎える準備を

今月のテーマ

201712pic01 - コピー アドヴェントに入り、子どもたちとともにクリスマスを迎える準備を始めました。保育園 では、クリスマス会までの間、3回のアドヴェント礼拝をおこないながら1本ずつキャンドルにあかりを灯していきます。礼拝では、イエス・キリストの降誕について話を聞きながら神様がわたしたちに与えてくださった本当の贈り物について知り、喜びと感謝の気持ちを大切にしながらクリスマスを待ちます。
 年長児のばら組になると、クリスマス会であこがれのページェント(降誕劇)を演じることも楽しみの一つです。たんぽぽ組・すみれ組・ゆり組の子どもたちも保護者の方に素敵な贈り物を届けようとはりきって練習している姿はとても微笑ましいです。
 体調を崩しやすい時期ですが、健康が守られて素敵なクリスマスを迎えられるよう体調管理に気を付けていきたいですね。
 今年一年、保護者の皆様のご理解とご協力を心より感謝申し上げます。

救い主がお生まれになった

みことば

201705pic03
12月の聖句

今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。
この方こそ主なるキリストである。

ルカによる福音書 2章11節

« 古い記事