最近の記事から

秋を知らせる虫の声が

新しい月を迎えて

201909pic01 朝夕の涼しい風とともに、秋を知らせる虫の声が響き始めました。
 先日は防災訓練を実施し、子どもたちと防災について考えたり感じたりする時をもつことができました。
 各クラスで年齢に応じた取り組みをおこない、4,5歳児は一定の時間電気を使わずランタンや懐中電灯を使用して過ごし、室内で調理担当者がつくった被災食をお食事として味わいました。自分たちが作った梅干しが被災食として役立ったり、アルファ米をどのように準備して食べるのか、目でみて味わう体験となりました。また、簡易トイレを組み立てて凝固剤に水をながすと、ビニール袋の中で固まる様子を興味深くみたあと、簡易トイレに座ってみて「大丈夫だね」と友だちと話す姿もみられました。
 今までは、いかに安全にすみやかに避難していけるかというところに訓練の重点が置かれがちでしたが、避難した後の生活を疑似体験していくことによって、学ぶことだけではなく、子どもたち自身の見通しや安心感をもつことがとても大切だということを改めて感じました。また、被災時は小規模保育室2か所(オリーブ・かしの木)の子どもたちも第二平和保育園に避難するため、先日の訓練時も同様におこない、職員も様々な見通しの中でどのように日々備えていかなければならないかを検討し合うことができました。
 保護者の皆様には、災害伝言ダイヤルの利用や引き渡し訓練による早めのお迎えなど、お忙しい中ご協力をいただきましてありがとうございました。
 季節の変わり目ですが、体調を整えながら秋の自然を楽しんで過ごしたいですね。
* 2階入口に訓練時の食事の様子や被災食について掲示していますのでご覧ください。
* 防災訓練についてアンケートを実施します。保護者の皆様のご意見をお聞かせください。

なすべきことは

みことば

201705pic03

9月の聖句

なすべきことはただひとつ、もくひょうをめざしてひたすらはしることです。

フィリピの信徒への手紙 3章13・14節

ライブペイント

おしらせ

第一平和保育園3階はこぶねホールで法人内3施設の5歳児が集まり油彩画家 井上直氏とともに「ノアの箱舟」を作成します。
 子どもたちの前で大きな画材に描かれる様子をみたあと、子どもたちが事前に準備した絵が井上氏の作品と一体になります。松戸教会での油彩画展とあわせて展示予定です。

井上直 油彩画展

おしらせ

9月23日(月)~29日(土)10時~19時
松戸教会六階ロビーにて
井上直さんの個展が開かれます。ぜひご来場ください。

子どもたちの健康がまもられるよう

新しい月を迎えて

 梅雨明けとともに猛暑が続く毎日ですが、子どもたちは水遊びやシャワーで汗を流し、手作り梅ジュースを飲んで夏ならではの生活を楽しんでいます。 先日の夕涼み会には、保育園の子どもたちや卒園児、小規模保育室の子どもたちや保護者の方々など多くの皆様にご参加いただき、親子で楽しいひとときを過ごしていただくことができました。暑い中ご参加いただきましてありがとうございました。一日の多くを過ごしている保育園で、「親子で楽しむ」経験は、子どもたちにとって、大きな喜びであり嬉しい思い出になったことと思います。
 月末には、防災訓練を予定しています。例年は、保育園から中央公園に避難して保護者の方にお迎えに来ていただいておりましたが、近年発生している大きな地震の状況や対応を踏まえ、今年度から防災について再検討をおこなっています。そのなかで、災害時の避難方法だけにとどまらず、園の日常においても、子どもたちに様々な経験を通して防災について伝えていくことや、保育園が保護者の方々と連携をとり、安心と安全な中でお子様の引き渡しをすることの重要性を痛感しています。一年に一度の引き渡し訓練が、より充実したものとなりますように保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 今月は、お盆休みなどを利用して、ご家庭でも様々な計画をたてておられると思います。楽しい経験とともに、子どもたちの健康がまもられるよう願っています。

あなたの名を

みことば

201705pic03

8月の聖句

わたしはあなたの名をよぶ。

イザヤ書43章1節

うめのひなたぼっこ

子どもたちの様子

201908article01ばら組のこどもたちが、屋上で梅の実を干してくれました。
「かさならないように」「においがする」「くちのなかがつばだらけになっちゃった」
色々なことを感じて、友だちとの会話もはずんでいました。
お食事にでてくるのが楽しみだね・・・

梅仕事が始まりました

今月のテーマ

20190701pix02 梅雨入りし、幼児のお部屋では毎年恒例になっている梅仕事が始まりました。梅は古くから健康に良い食材として食卓に登場していますが、子どもたちが梅仕事を楽しむことによって、季節感だけでなく、夏に向けての自分自身の健康づくりとして興味や関心がもてるよう「食育」をすすめています。保育園の2階入り口に梅仕事の様子を随時更新して掲示していますので是非ご覧ください。
 先日の土曜日の職員会議では、消防署での救命救急講習をうけたあと、散歩コースの想定危険箇所やどのように子どもたちを安全に誘導していくかを、現場を歩きながら再度確認し話し合いました。悲しい事故が報道されるなかで、子どもたちの安全をどのように守っていくか常に学びと意識をもって保育を行いたいと思います。これから始まるプール遊びも、子どもたちにとっての夏の楽しいひと時が安全に過ごせるよう準備していきたいと思います。

世の光

みことば

201705pic03

7月の聖句

あなたがたは世の光である。

マタイによる福音書5章14節

ちくちくとふわふわ

図書の紹介

 20190701PIX01 【 おすすめ絵本 】

ちくちくとふわふわ

なないろ(著、イラスト)松本えつを(監修)
CHICORA BOOKS (ちこらブックス)出版

ふわふわ言葉とちくちく言葉
誰かを(自分を)HAPPYにする「ふわふわ言葉」
誰かを(自分を)UNHAPPYにしてしまう「ちくちく言葉」
どんな言葉をつかったら相手も自分も嬉しい気持ちになるのかな・・・。子ども自身が感じられるように伝えていけると嬉しいですね。

« 古い記事