最近の記事から

感じたり考えたりする時間を

新しい月を迎えて

201806pic01 あじさいが色鮮やかに咲き始め、梅雨ならではの風情を感じさせてくれる頃となりました。今では品種改良により多くの種類のあじさいを目にしますが、あじさいの色は土壌のph(水素イオン濃度指数)によって違いがあるという話をよくききます。同じ場所でも土壌が酸性の場合は青系に色づき、アルカリ性の場合は赤系に色づくそうです。育つ環境の変化によって様々なあじわいがうまれ、見る人の心を和ませる様子は子どもの育ちにも似ていますね。
 今月は、花の日礼拝(キリスト教では、「子どもの日」としています。)を行います。ご家庭から持ち寄っていただいた花々を飾って礼拝し、成長させてくださった神様に感謝し、お世話になっている施設にお花を届けます。自然の恵みや生命についても、子どもたちと感じたり考えたりする時間を大切にしたいと思います。

成長

みことば

201705pic036月の聖句

成長させてくださったのは神です。

コリントの信徒への手紙Ⅰ 3章6節

梅雨時の脱水症に気をつけて

子どもを育てる

201806pic02 梅雨時から夏にかけて、子どもたちはたくさん汗をかきます。子どもは、体内の水分量も多いうえ代謝がよくて熱も高めなので、身体の中にこもった熱を冷ますために汗をかきます。汗をかくことで発汗機能が育ち、体温調節機能も育っていくので、汗をかくことはとても大切ですね。しかし、汗をかいたままでエアコンの効いた室内にいると、かえって自分の汗で体を冷やしすぎて風邪をひいてしまいます。汗をかいたらすぐに着替え、適度な水分補給をしてクールダウンしましょう。
 この時期は、食欲が落ちたり水分ばかりほしがる姿もみられ始めます。熱中症対策として水分補給は欠かせませんが、摂取の仕方によっては、かえって食欲が落ちて、バランスのとれた食事がとりにくくなり、体力の低下や免疫力の低下につながります。夏を健康に過ごすには大人の上手なコントロールが必要ですね。

たくさんの発見を

新しい月を迎えて

201805pic01 爽やかな風がふき、外気浴にでた小さな子どもたちが気持ちよさそうに目を細めて風を感じる姿に、穏やかな保育の営みがすすめられている喜びと感謝をおぼえます。
 入園・進級して1ヶ月が経ち、少しずつ新しい環境に慣れてきた子どもたちは、自我を発揮しながら友だちや保育者とのやりとりを楽しんだり、気に入った遊びを繰り返したりしながら新しい発見に目を輝かせています。時には、大人が困ったな・・・と感じる行為も子どもにとっては大発見です。たくさんの発見をしていく過程において、大人がどのような言葉でどのような接し方でどのような環境を用意していくかによって、子どもの感性がより豊かなものになっていくことを心に留めながら保育をしていきたいと思います。
 連休でおうちの方々とゆっくりと過ごし、楽しい経験をしてきた子どもたちが、大きな安らぎのなかで園生活のリズムを整えていけるよう配慮していきたいです。

みことば

201705pic035月の聖句

神は愛です。

ヨハネの手紙Ⅰ 4章16節

ふしぎなかぜが

さんびか

ふしぎなかぜが

こどもさんびか 94番

ふしぎな風が びゅうっとふけば
なんだかゆうきがわいてくる
イエスさまの おまもりが
きっとあるよ それが聖霊のはたらきです
主イエスのめぐみは あの風とともに

201805pic03 5月は、ペンテコステ礼拝があります。「ペンテコステ」は「聖霊降臨日」ともいいます。
 聖霊によって勇気や力を与えられたイエス様の弟子たちが、イエス様のことを語り伝え、共に祈って賛美し、それが教会のはじまりとなったので「教会の誕生日」ともいわれます。イースター、クリスマス、ペンテコステはキリスト教三大祝日ともいわれています。

日焼け予防について

おしらせ

201805pic02 紫外線の強い季節となりました。日焼け止めクリームをご自宅でぬってから登園していただくか、散歩用の薄手の長袖を準備するなど、各ご家庭での対応をよろしくお願いします。

子育てのヒント

子どもを育てる

 子どもたちの成長を科学的に論理的に知ることで、子育ての悩みや不安が軽減されることが多くあります。親子の愛着について、生活リズムと育ちとの関係、食事や遊びについてわかりやすく紹介された冊子「まつどっ子 未来のために今」を配布しますので是非お読みください。
 また、新年度になり、お子様の成長や子育ての不安などありましたら遠慮なくお声かけください。

ご入園、ご進級おめでとうございます

新しい月を迎えて

201804pic01 イースターの喜びとともに、2018年度がはじまりました。4月は18名の新入園児を迎え、96名の子どもたちとともに歩みをはじめます。子どもたち一人ひとりを大切に、ありのままをうけとめてその子らしさを保ちながら育む保育をしていきたいと願っています。
 さて、今年度より保育内容に関する事項や運営事項を定めた保育所保育指針(10年毎に改訂)が新指針として改訂し実施されます。改訂の大きな柱のひとつに、子どもたちが環境と遊びを通して培う「非認知能力」が重視されています。読み書き計算や造形などの能力(見える力)にまして、子どもの心情や意欲といった目には見えない力を育むことこそが、学びに向かう力や人間性を養う基礎につながるということです。
 子どもの成長において、色々なことができるようになることは大きな喜びですが、時に誰かとの比較や目に見える評価にとらわれがちです。子どもたちの10年後、20年後の成長を思い浮かべながら、「今大切にしたいもの」を保護者の方と一緒にかんがえ、神様の愛のなかで成長していく一人ひとりの力を信じ、見えないものに目を注ぐキリスト教保育を実践していきたいと思います。
 今年度も、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

復活であり、命

みことば

201705pic034月の聖句

わたしは復活であり、命である。

ヨハネによる福音書11章25節

イースターおめでとうございます。
今年度のイースターは4月1日に教会で礼拝がおこなわれました。
保育園では、11日に各クラスで礼拝をして卵探しをおこないます。
イエス様が私たちの罪のかわりに十字架にかかり、墓にほおむられた後、
三日後に復活されたことをともに祝います。

« 古い記事