行事

年間行事

イースター(4月)

イースター(復活祭)は、キリスト教のクリスマスと共に大切なお祝いの日です。イエス・キリストが十字架にかかり、三日目に復活された日を記念する日です。

花の日(6月)

キリスト教暦では6月第2の日曜日を花の日(子どもの日)といいます。1868年にアメリカの教会によって始められました。大人と合同で礼拝を守り、持ち寄った花を囲んで神さまをほめたたえる礼拝をします。その後、お世話になっている方などへお花を届けます。病気の方の気持ちを少しわかること、美しい花を喜んでいただくことによって神さまの惠みを共に分かち合い、感謝する心を育てていきたいと思います。

おとまり保育(7月)

ゆり組(4歳児)が保育園で1泊します。クッキングをしたりバイキングのお食事をしたり、先生方やお友だちと楽しく過ごします。

清里キャンプ(5歳児・児童クラブ合同/主催:子どもの教会)

豊かな自然をつくってくださった神さまに感謝しながら、子どもたちに自立心を養っていきます。お家の方々と離れての3泊4日を郊外の山梨県清里高原で、たくさんの異年齢の友だちと生活体験をします。

わくわくプレイディ(運動会)(10月)

近くの公園で、お家の方々と一緒にたくさん身体を動かして楽しみます。

収穫感謝祭(11月)

1620年、信教自由の地を求めて、102人の移民が新大陸アメリカへ向かいました。非常に困難な航海の末アメリカに到着しましたが、病死者が続出し、ひと冬をすごした翌年にはおよそ半分の人数になっていました。しかし、1621年秋、開拓地は豊作に恵まれたのです。開拓者たちは、収穫した野菜やくだものを持ち寄り、神さまに心からの感謝をささげました。それが収穫感謝祭のはじまりです。ご家庭から果物を持ち寄り、神さまからの恵みを感謝する礼拝をささげます。

アドベント・クリスマス会(12月)

アドベント礼拝(待降節)を守り、クリスマスを迎える準備をしながら待ちます。クリスマス会は、イエス・キリストのご降誕をお家の方と共に喜び、お祝いする会です。

おもちつき(1月)

5歳児が杵(きね)をもっておもちをつきます。その後みんなでいろいろな種類のおもちをたべます。

わくわくワークランド(2月)

絵画制作の1年のまとめを展示します。

卒園式・おわかれ遠足(3月)

卒園式には、在園児を代表して4歳児も参加します。

その他の行事

誕生会
みんなでその月誕生日を迎えたお友達をお祝いして喜びあります。乳児クラス・幼児クラスがそれぞれに分かれて楽しい会を持ちます
お弁当の日
保育園は完全給食ですが、毎月1回、お家の方の愛情がいっぱいつまっているおべんとうをご用意いただきます。いつもの給食とは一味ちがって、楽しくまたおいしいものです。子どもたちは、友だちのおべんとうをのぞいたりしながらとても嬉しそうに食べています。
避難訓練
毎月、火事や地震、不審者の侵入を想定して、避難訓練をしています。
検診・検査
内科検診(年2回)
歯科検診
ぎょう虫検査(年2回)
尿検査(ネフローゼ)(4、5歳児対象)

保護者の方に出席していただきたい行事

新年度説明会・入園説明会

新しいクラス・グループでの担任発表や園生活にあたっての大切な事項を説明する会です。必ず御出席ください。

引き渡し訓練

年に1回、塩害の避難場所んいよる「引き渡し訓練」を行っています。夕方の決まった時間に、現地でのお引き取りをお願いしています。

個別面談

年度始めに全家庭おこないます。(期日、時間は決まり次第お知らせします)生活リズムのことや、おうち、園での様子を話し合います。

子育て講座・懇談会

年間5〜6回予定しています。(土曜日)子育てについての様々なお話を聞いたり、クラス・グループ別になって保護者の方々とお話のときをもちます。