最近の記事から

自分の喜びだけではなく

新しい月を迎えて

202112pct01 空気の冷たさに吐息が白くなり冬本番を感じます。
 11月末の日曜日からアドヴェント(待降節)に入りました。保育園でもクリスマスを迎えるまでに3回のアドヴェント礼拝をまもりクリスマスを待ちます。
 今年は、収穫感謝祭で感謝や喜びを分かち合う経験をした4.5歳児が、小さいクラスの友達のためにミニコンサートを開いてくれました。それをきっかけにして、5歳児がアドヴェント礼拝ごとにクリスマスキャロルをきかせてくれることになり、第1アドヴェント礼拝を迎えた夕方には、図書コーナーで素敵なさんびの声が響きました。歌声に誘われるように小さい子どもたちが集まると、兄弟をみつけて手を振る姿や体をゆらしてじっと聞き入る様子がみられ、温かな雰囲気に包まれ共にクリスマスを待つ楽しい時間となりました。
 クリスマスの喜びは、みんなで楽しみに待つアドヴェントの期間にも大きな意味があります。自分以外のことに目を向けたとき、そこには病気や様々な困難や苦悩のなかでクリスマスを迎えようとしている人がいることに気づかされます。自分の喜びだけではなく、共にその喜びを分かち合う存在にも心を寄せる大切な時として、子どもたちと心豊かにアドヴェントを過ごしていきたいと願います。
 各ご家庭でも、素敵なクリスマスをお迎えください。
 

あなたがたのために

みことば

201705pic03

12月の聖句

 

今日ダビデのまちで、
あなたがたのために救い主がお生まれになった。
この方こそ主メシアである。

ルカによる福音書 2章 11節

クリスマスカラーの意味

クリスマス

202112pct02

 

 

赤・・イエス・キリストが人々の救いのために十字架にかかって流された血の色
緑・・もみの木など常緑樹(一年を通して葉を落とさず緑を保つ)の色で永遠の象徴
白・・罪や汚れがないことを表す。
金・・光であり、王の象徴として東方の博士が捧げた贈り物の黄金

この季節を通して

新しい月を迎えて

202111pct01 朝夕の冷え込みと共に木の葉も色づきを増してきました。散歩先で「この赤い実なあに。」と保育者にたずねる子どもや、友だちと図鑑を開き、ノイバラやナナカマド、ピラカンサなど同じ赤い実でも実の付き方や葉の違いをみつけて伝え合う姿も見られます。子どもは、この季節を通して様々な発見と学びと楽しみを味わっています。
 毎年11月にキリスト教行事としておこなう収穫感謝祭では、日々の収穫が与えられている喜びを共に分かち合い、神様に感謝する礼拝をおこないます。また、私たちが日常とする「食」は、命を頂くと共に多くの人の手によって支えられていることを子どもたちとあらためて考えたり、育てた野菜の収穫やクッキングなど様々な体験を通して食する喜びや感謝の気持ちが育まれることを大切にしています。
 今年は、各クラスでの食育活動や食事の様子を保護者の皆様に視聴していただけるよう動画配信を行います。友だちや保育者と心を通わせる食の営みが、子どもの心身の成長に大きくつながっている様子を感じていただけたら幸いです。
 収穫の恵みとともに神様にまもられて過ごす日々に感謝して。

あふれるばかりに

みことば

201705pic03

11月の聖句

 

あふれるばかりに感謝しなさい。

コロサイの信徒への手紙 2章7節

クリスマスにむけておすすめの絵本

図書の紹介

クリスマスまであとなんにち?


202111book~アドヴェントの24のものがたり~

  • アントニー・シュナイダー ぶん
  • マヤ・ドゥシコウワ え
  • ふかい ともあき やく
  •  今年は11月28日からアドヴェント(待降節)に入ります。アドヴェントはイエス・キリストのご降誕を待つ期間です。クリスマスが待ちきれないくまくんに、お母さんが毎日1つずつお話をきかせてくれます。クリスマスへの思いと、お母さんのやさしいまなざしが一話ごとに込められた絵本です。
     
     ご家庭でもお子さんと一緒にクリスマスを楽しみに待てると素敵ですね。

わくわくプレイデイ

新しい月を迎えて

202110pct01 散歩にでかけた子どもたちが秋の風に舞う落ち葉に歓声をあげ、嬉しそうに落ち葉を踏み鳴らしています。自然の中で伸び伸びと体を動かし、感じたことを全身で表現して笑顔で遊ぶ子どもたちの姿に自然の恵みを覚えます。
 ピスティスの会の保育園では、毎年この時期に「わくわくプレイデイ」をおこないます。運動の得意不得意や競争の結果ではなく、取り組みの過程において互いの存在を感じ合い協力していく楽しさや達成感をあじわう経験を大切にしてほしいという思いと、その場に集うみんなが楽しい時を共有することを願って「わくわくプレイデイ」が続けられてきました。いまだ感染症の終息はみえませんが、今年度も子どもたちが楽しみにしているわくわくプレイデイが無事に開催できることを心から願い、様々な感染症対策をとりながら備えたいと思います。
 気温の変動が大きい時期ですので、子どもたちの生活環境を丁寧にみながら健康管理を心がけていきましょう。

思いをひとつに

みことば

201705pic03

10月の聖句

 

励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。

コリントの信徒への手紙二 13章11節

楽しく親子で運動遊び

親子の運動あそび

~楽しく親子で運動遊び~

コロナ禍にあって、お休みの日でも家庭で過ごす時間が多くなっています。テレビやゲームの時間が増えていませんか。お家でも楽しめる親子の運動あそびで一緒に体を動かしながら、スキンシップの時間を大切にしましょう。

「一緒に歩こう 」

202110pct02
(1)子どもを足の上に乗せて一緒に歩く。
※どちらに動くのか、からだを通して伝えます。
※子どもの体の向きは年齢があがれば外向きでも楽しめます。
(2)慣れてきたら、前後左右、自由に動き回る。
※歌いながらリズムにあわせて動くのも楽しいです。
(3)子どもを足の上に乗せたまま一緒にジャンプをする。
※子どもと息をあわせることがポイントです。

幼い子どもたちの尊い命を預かる場所

今月のテーマ

202109pct01 厳しい残暑のなか、急に気温が下がり秋の虫の音が響くようになりました。感染症の動向に思いが凝り固まってしまいますが、秋の風情を感じる気持ちのゆとりを大切に子どもたちとこの季節を楽しみたいですね。
 先日、防災訓練を行いました。毎年、災害の際に子どもたちが少しでも安心して保護者の方のお迎えを待つことができるような訓練を積み重ねています。今年度は地震で給食室が使用できない状況を想定し、図書室で水道水と電気を使用しない災害食の準備と提供をおこないました。
 避難後、1歳から3歳の子どもたちはランタンだけの灯りのなかで、いつもと変わらずに友だちと遊び、災害食もとてもよく食べていました。4,5歳児は、訓練当日までに視聴覚教材や保育者の話を通して防災についての知識を学んできたこともあり、訓練前日は屈託のない笑顔で「地震の時はダンゴムシのポーズをするんだよ。」「防災訓練が楽しみ。だって命を守る練習ができるんでしょ。」と友だちや保育者に話す様子がみられました。
 感染症の流行だけでなく、突然の自然災害によって奪われる日常もあります。保育施設は幼い子どもたちの尊い命を預かる場所として、これからも様々な視点で子どもたちの安心・安全に備えていきたいと思います。保護者の皆様には、訓練に際してのご理解とご協力をいただきまして心より感謝申し上げます。
 

« 古い記事